18歳未満の選手の報道を規制できないか

6 11月

 若くして才能を発揮するスポーツ選手がいるが、それがマスコミや私たちによって消費されている。
 報道を含めて、静かに見守り育てることはできないだろうか。

 サッカーでバルセロナに所属していたUの日本代表の少年が、15歳でJリーグの試合に出たことで盛んに報道されている。
 しかし彼はまだ15歳で、同年代の少年よりの成熟しているかもしれないが、まだまだ、周りの目を気にせず生活をする時間は必要だと私は思う。
 どうでも良い失敗も、くだらない悪さも、損得に縛られない交友関係も、大人になりより厳しいプレッシャーの中で闘い成長する上での、悩みや不安と戦う軸を作るものだと思うからだ。
 
 女子プロゴルフでも、高校生のアマチュアが日本女子オープンで優勝し、プロに転向した。
 ゴルフは他のプロスポーツよりも選手寿命は長いのだから、高校生でプロになり報道の対象になるよりも、大学に進学し土台を作ったほうが私は良いと思う。
 プロに転校すれば、日本では報道に容赦がなくなり、軸を形成する余裕を与えられない。

 若い才能がより成長していく姿を見たいとは思っても、大人になり頭打ちになる姿はできれば見たくない。
 大人になってもより成長していくためにも、軸を作る環境を、私たちは与えなければならないのではないだろうか。
 大人の一時の興味や損得で消費するのではなくだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です