沖縄を分断させているのは、政府なのか、それとも”善意”なのか

27 10月

<機動隊 差別発言を問う>沖縄からアジェンダを 安冨歩さん(東大東洋文化研究所教授)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-383010.html
2016年10月26日 11:30

今回、この線から近づくなと言う警察に対し、非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ。抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた。「土人」発言という暴力を振るったことで、警察は窮地に立たされている。沖縄が今考えるべきは、さらに挑発的な次のアクションをどう起こすかだ。(一部引用、下線は追加)

 沖縄では、活動家が基地警備をしている警察などの顔を写真で記録し、本人の住所や家族を探し出して脅迫文を出しているという。
 こうした背景があって、県外から警察が警護に駆けつけることになり、また「土人」発言の背景にもなったのだろう。
 またオスプレイが配備されたときには、凧揚げ運動をしていたが、仮にそれでオスプレイが落ち責任のすべてをアメリカと日本政府に押し付けたとしたら、それは完全にテロリストの思想と主張だ。
 記事にもあるような考えは、内ゲバを繰り返し、民間人への暴力(浅間山荘事件など)によって国民からの支持を失った共産主義者と同じで、国民の理解も支持も受けることはできないし、沖縄での活動家の行いも全く支持されることではない。

 第二次世界大戦では沖縄を犠牲にして多大な損害を与えたこと、戦後も米軍基地が多く占めていることなど、負担を強いていることは間違いない。
 沖縄を利用して活動をしている人たちは、沖縄を、沖縄県内で、沖縄と国で分断させているだけで、何らの益を与えていない。
 (活動資金がどのような形で誰から支給されているのか知らないが)私は、他人を不幸にして利益を得るテロリストを支持できないように、こうした活動を支持しない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です