平尾誠二 死去

20 10月

 2016年10月20日、「ミスターラグビー」平尾誠二氏が、53歳の若さで亡くなった。
 ラグビー人気の土台となる一人のスターの喪失は、大きい。

 平尾誠二氏は、ラグビーのにわかファンである私ですら知っているラグビー界の大スターだ。
 神戸製鋼7連覇などの偉業を成し遂げたチームの中心にいた人であり、ワールドカップでの日本の初勝利やその後の代表監督など、近年の日本ラグビー界では無くてはならない人だった。
 ワールドカップイングランド大会で日本が3勝をするなど大きな躍進を遂げラグビー人気が高まる中で、ワールドカップ日本大会が開催されようとしている。
 ラグビーの人気をより広め深めるためには、的確に情報を発信し響かせる人物が必要だが、平尾誠二氏は、その最たる人物だと思っていた。
 ラグビー人気が高まっていき、人気の高まりとともに平尾誠二氏がどのように活躍をするのかとても楽しみだったのだが、悲しくてしょうがない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です