井山裕太 七冠達成

20 4月

井山裕太 七冠達成特設サイト
http://www.nihonkiin.or.jp/special/7crown/index.html

 年齢が上の棋士からタイトルを獲得するだけでなく、下からの突き上げをくらいタイトルを奪われても奪い返して、七冠達成。
 (十段のタイトルを保持していた伊田篤史は22歳で、井山裕太七冠(26歳)の4歳年下)
 すごいとしか言いようがない。
 
 李世ドルによる現代囲碁の革命、そしてその李世ドルにAlphaGoが勝利するなど、囲碁界が大きく変化しているときに、七冠達成という偉業が起きた。
 一囲碁ファンの私として今の状況はとても面白く、今度どのような変化が起きるのか楽しみだ。
 
 今後、井山裕太七冠の牙城を崩すのは、台湾に帰省し英気を養った(井山裕太七冠の名人位獲得を退けた実績がある)張栩9段か。
 七冠達成の期待と闘い1勝を返した伊田篤史7段か。
 (7冠達成の日に特設サイトが作られるのだから、職員が事前に準備していることも当然知っていただろうし、よく戦えたと思う。)
 それとも井山裕太と勝率が悪く無い小林覚9段、まだタイトル戦に出てきていない若手棋士(私のイチオシは孫喆4段)、中堅の張豊猷8段などなど、誰が挑戦者に名乗りでてタイトルを奪い取るのか、まったくわからない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です