澤穂希 引退

27 12月

 第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の決勝戦でゴールを決め、澤穂希のラストゲームとなった。

 2015年12月27日、澤穂希の公式戦最後の試合を観に行ってきた。
 観客は2万人を超え、皇后杯では最大の人数であったようだ。
 
 ワールドカップの優勝で知名度が飛躍的にあがり、ニュースでも取り上げられるようになったが、その優勝の中心人物で柱である澤穂希選手は、15歳で代表にデビューし、2011年のワールドカップで優勝し、MVPと得点王にも選ばれた。
 澤穂希という存在は誰も代替できないし、サッカー界でも稀有な優れた存在だった。
 そんな選手が日本にいた事は本当に幸運な出来事だったと思う。

 その反面、代替できない希少な存在がいなくなるのだから、また、苦しい時代になるかもしれない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です