良い作品(好きな作品)に数多くめぐり合いたい

7 4月

森田季節(18日に影殺師3巻出ます)@moritakisetsu
たまに作品レビューでことごとくダメ出ししている人がいるけど、ドヤ顔でいろんな作品に難癖つける前に、自分にとってのハズレ作品ばかり買い続けて、自分が楽しいと思えるものを当てられないセンスのなさを恥じ入るべきだと思う。自分の事わかってなさすぎるだろう。
2014/08/22 11:12:46

作品をダメ出しばかりする人は、酷評することが目的になっていて、作品自体はどうでも良いのかもしれない。

 

大きな本屋に行って本を探す時間は、結構楽しい。

面白い作品に出合えるかもしれないという期待もあるが、自分の目利きを試されるゲーム感覚があるからだ。

 

(金銭的な制約はもちろんあるが、)本を探す時間は限られているし、本を読む時間はもっと限られている。

そうした制限の中で、自分に合った作品を見つけるのは、今まで培ってきた読書の経験と自分のセンスが試される。

本を買って読んで面白ければ、「自分ってやっぱりセンスあるな。」と、自画自賛し、面白くなければ、次の本を買うときに生かそうと反省する。

 

ブログで本を紹介するのも、他の人にも読んでほしいという気持ちからだが、「自分に合う本を見つけるセンスがある」という自己満足を見せつけたいというのも一部にはあると思う。

(ブログ自体は、そもそも自己満足の塊だけれど)

ただまぁ、ブログに本を紹介するか否かは別にして、面白い作品にはたくさん出会いたい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です