サッカーワールドカップブラジル大会の日本代表23名

15 5月

 2014年FIFAワールドカップブラジル大会に出場する日本代表23名(※1)と予備登録選手7名(※2)が発表された。

 前回の南アフリカ大会は、弱者の戦略として守備からのカウンターを主体としたが、今回は真っ向勝負の攻め勝つ意思が表されているメンバーである。

 ザッケローニ監督も記者会見で、「良いパフォーマンスをすれば、良い結果がついてくると思っている」「主導権を握って戦うことが大前提で、それができないことも想定内ではある。自分たちがこれまでやってきた、そういった状況に耐え得る戦術的準備は進めてきたつもりだ」と発言するなど、自信と積極性がうかがえる。

 

 私の予想スターティングメンバーは、GK川島永嗣、DF今野泰幸・長友佑都・ 内田篤人・吉田麻也、MF遠藤保仁・山口蛍、FW岡崎慎司・本田圭佑・香川真司・大迫勇也だ。

 選出された選手達はほとんどが予想の範囲内であるが、 特に期待しているのはFWの斎藤学選手だ。

 ドリブラーの専門職だからスターティングメンバーになることは難しいが、打開すべき局面や退場で人数が減った局面などの、日本がピンチの時に投入されることが予測されるからだ。

 選ばれなかった選手で惜しいと思うのは中村憲剛選手。

 逃げ切りたいと時やそれこそ攻めが停滞している場面などで、大久保選手とコンビを組ませれば面白いと思うのだが。

 

 今回の日本代表の選手や監督の自信から、大変おもしろ勝負になると予想して今から楽しみだ。

 何処まで勝ち進むか、若しくは一勝も出来ずに敗退するかは分からないけれど。。。

 

※1 日本代表23名

GK:
川島永嗣(スタンダール )

西川周作(浦和)

権田修一(FC東京 )

DF:
今野泰幸(G大阪)

伊野波雅彦(磐田)

長友佑都(インテル・ミラノ )

森重真人(FC東京 )

内田篤人(シャルケ)

吉田麻也(サウサンプトン )

酒井宏樹(ハノーバー )

酒井高徳(シュツットガルト )

MF:
遠藤保仁(G大阪 )

長谷部誠(ニュルンベルク )

青山敏弘(広島)

山口蛍(C大阪)

FW:
大久保嘉人(川崎 )

岡崎慎司(マインツ )

本田圭佑(ACミラン )

香川真司(マンチェスターU )

清武弘嗣(ニュルンベルク )

柿谷曜一朗(C大阪 )

斎藤学(横浜M )

大迫勇也(1860ミュンヘン )

 

※2:予備登録選手

GK:
林卓人(サンフレッチェ広島)
DF:
駒野友一(ジュビロ磐田)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
MF:
中村憲剛(川崎フロンターレ)
細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
FW:
豊田陽平(サガン鳥栖)
南野拓実(セレッソ大阪)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です