年末年始を東京で過ごして

4 1月

 警察や公共インフラの皆様、ありがとうございました。

 

 東京に来てから初めて帰省せずに東京で過ごした。

 明治神宮をはじめ、少しぶらぶらしたのだが、いろいろ考えさせられた。

 

 年始の明治神宮は凄い人混みだが、DJポリスをはじめ警察官が大量に投入されており、雑踏警備を寒い夜の間中行っていた。

 年始のみではあるがJRをはじめ公共交通機関では、午前零時以降も30分に一本のペースで走っており、移動で不便を感じるコトはなかった。

 それにしても感謝と同時に働かせてしまって申し訳ないと思った。

 

 雑踏警備は、事故があった場合に警察の責任にされてしまうからやらざるを得ないのだろうが、私たちがぎゃーぎゃー騒いで警察の責任にしなければ大量の人員を投入する必要はないだろう。

 また、年始のお参りは別に深夜する必要はなく、地元の神社や朝起きてから行けば良いだろう。

 私のような暇人が夜中でも移動することから警察や公共インフラの皆様が夜通し働いているかと思うと本当に頭が下がる思いだ。

 

 深夜明治神宮をお参りは、3時間近く寒い中並ばなければならなかった。

 来年は地元で過ごすか、東京にいたとしても、2日以降にお参りしようと思う。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です