第九

23 12月

 昨年に続き、今年もNHK交響楽団のベートーベン第九を友人のUさんと聞きに行ってきた。

 ソリストやNHK交響楽団の演奏も素晴らしいのだが、やはり圧巻は国立音楽大学の合唱だ。

 国立音大の合唱を聴くためだけに今年も行ったようなものだ。

 日本各地で第九は演奏されているが、合唱がここまでレベルが高いのはN響だけだとUさんはいう。

 

 NHKのプロジェクトXという番組によると、日本で年末これだけ第九を演奏するきっかっけになったのは、高崎市民オーケストラ(現:群馬交響楽団)がきっかけになったらしい。

 NHK交響楽団の演奏と国立音大の合唱には水準としては及ばないだろうが、来年は、群馬交響楽団の第九を聞きに行ってみたい。

 私の耳では、違いが分かるかは不明だけれど。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です