ボランティアが足りない

13 9月

RQ災害教育センター

「お掃除ボランティア募集、9/23閉所式参加者募集」

http://www.rq-center.jp/news/689

 

 東日本大震災の被害があまりにも広域に及び、そして原子力災害と相まって、その全体像を適切に把握することができない。

 なによりも、災害に見舞われた住民の姿があまりにもたくさんあり、そしてそれぞれに抱えている課題が多様である。

 こうした中、わかりやすいボランティアが減っては来ているが、だからといってボランティアの需要がなくなったわけではない。

 メーリングリストなどで支援団体の報告を見ているかぎりでは、活動を継続している団体は、ボランティアが慢性的に不足しているようだ。

 

 災害に見舞われた地域に観光に行くのも支援の一つだし、地域の特産品を購入することも支援の一つだ。

 (東北の日本酒の出荷量が昨年は前年度比でかなり伸びた。)

 ボランティアがその全てではない。

 ただ、慢性的にボランティアが不足しているという事実は、置き去りにして忘れて生活している自分を反映しているようで、反省する。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です