大坂忠写真展「マンハッタンの主たち」

9 10月

 写真家:大坂忠氏の写真展「マンハッタンの主たち」が、10月17日(月)までペンタックスフォーラム新宿で開かれている。

http://tadashi.asablo.jp/blog/

 

 マンハッタンというどこかの国のどこかのおとぎの世界ではなく、そこで、一人の個人として生活している実像の写真。

 被写体たちは、マンハッタンの主であり、自分自身の主であると目が語っている。

 写真にはどこで、どういう人たちの写真なのかと言う説明は一切無い。

 それが想像力を掻きたてられるのか、人物の人生や考えを写真を通して考えさせられる。

 

 写真も販売されているので、是非とも観に行って欲しい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です