資格と就職と

20 5月

 資格取得と就職はイコールではない。

 資格と自分の価値は、市場が決定する。

 ただ、それだけだ。

 

・現在の職場について

・給与について

・実務要件について

・実務補習所について

・3年後の自分について

 

・現在の職場について

 会計(財務会計・管理会計)、会社法、税法(法人税・所得税)、監査という、公認会計士試験で学んだすべてのことが必要とされる。

 やらなければならないこと、学ばなければならないことの目白押しで、働き始めての一ヶ月があっという間に時間が過ぎていった。

 

・給与について

 公認会計士試験合格者に見合った給与はいくらだろうか。

 その視点で考えていくと、安いのかもしれない。

 しかし、組織で働いた経験の無い試験に合格しただけの30歳が得る所得はいくらだろうか。

 その視点で考えていくと、答えは違ってくる。

 資格取得者に見合った給料が欲しいということではなく、自分自身の労働力をどのように市場で高めていくか、ということを考えることが大切ではないだろうか。

 

・実務要件について

 現在の職場で、実務用件は満たすと考えている。

 金融庁には事前に提出書類の伺いをたてて調整すれば、問題はない。

 最もやってはいけないことは、実務要件の事例に沿って文章を書かないことと、正式な書面をいきなり提出することだ。

 

・実務補習所について

 講義が土曜日の班になるように申請するが、通らなかったらeラーニングのみで単位を取得することになる。

 近畿実務補習所と違い東京の実務補習所は、考査が日曜日にあるから最低限の単位は取得できる。

 土曜日の班に入れなくても予定ではほとんどの単位を取得できるから、どうにかなると考えている。

 

・3年後の自分について

 現在の職場に3年後も残っているかは現時点では分からない。

 しかし、3年間今の職場で努力できないのならば、何処に行っても、どの業種に行っても大成することは無いと考えているから、3年間全力で努力することだけを今考えている。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

4 Replies to “資格と就職と

  1. SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    この文章みたいな市さんの素っ裸に自分をさらす文章が大好きです!
    男前です!兄じゃと呼ばせてください
    僕も同じような境遇なので、これからお互い今の職場で努力し続け、3年後により成長した状態で酒をくみかわしたいです。
    閲覧者が倍増したらしいけど、それは一時的なものだと思いますよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 28c8edde3d61a0411511d3b1866f0636
     試験合格後のことを心配されている方が多いのは、自分もそうだったから理解できる。
     なんとか力になりたいけれど、具体的で役に立つアドバイスなんて自分には無理。
     所詮、会社に入ったばかりの新人だから。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いろんな残業代や手当てもいれて、だいたい年500万いくかいかないか、くらい?

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そんな金額には全くいかないですよ。
    その7割弱になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です