サラリーマンは貴族だ

11 5月

 一部上場の企業に入社してよかった。

 それは、福利厚生がとても、とてもとても充実しているからだ。

 手取りの給料にはあらわれないが、非常に大きな経済的利得である。

 

 私の会社の場合、

・ゴールドカードが年会費無料で、実質審査なく入れる。

・千葉に住むねずみの大将に安く会いに行ける。

・携帯などが安く購入でき、利用できる。

・チケット(移動・レジャー・スポーツ)などを安く購入できる。

・背広や生活用品が特別価格で手に入る。

(住居を決める際に受ける審査も、あっさり通る)

 などなど、様々な特権がある。

 

 サラリーマンという特権階級に一度入ってしまうと、起業などで特権を捨てる決断って難しくなるのがよく分かった。

 サラリーマンしか知らない人は気づいてないかもしれないけれど、サラリーマンは現代の貴族だ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket

One Reply to “サラリーマンは貴族だ”

  1. SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    ブラック偏差値75以上の企業にも福利厚生に関する制度が存在するんですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です