性犯罪が名誉になる日

18 2月

 権力が権力を批判するものを抹殺するために、「性犯罪者」にする手段が一般化しようとしている。

 

 ウィキリークス (WikiLeaks)の創始者であるジュリアン・ポール・アサンジ(Julian Paul Assange)氏は、性的暴行容疑がかけられている。

 しかしその内容は、コンドームが破れていたとか体重を女性にかけたとかいうことで、アサンジ氏が犯罪者であるならば男性のほとんどもまた犯罪者になるだろう。

 上杉隆氏などのフリーのジャーナリストの間で、「植草 一秀氏のように性犯罪者として抹殺されないために、電車に乗ってはいけない。」といわれている。

 暴力的な手段でジャーナリストを迫害すれば、強い社会的な反発を招き、益することは無い。

 しかし、性犯罪者に貶めることができれば、そのジャーナリストは発言・行動の正当性をすべて失う。

(しかも性犯罪者にすることは簡単だ。)

 

 国家権力が、権力を批判するジャーナリストを性犯罪者にする時代になったのかもしれない。

 性犯罪が、権力に媚びず、従わず、真に権力を批判する者の称号になる日は、近い・・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket