「ありがとう」と言える事ほど、幸せなことはない

16 11月

 昨日、公認会計士論文試験の結果発表があり、合格した。

 その旨を電話やメール、ブログなどで友人等に伝えると、「おめでとう」という言葉を贈ってくれる。

 その言葉に対して私は「ありがとう」「ありがとうございます」と応える。

 

 自分の合格を祝っていいただいているから自分本位で嬉しく幸せなのではなく(勿論少しはありますよ)、私を好意的に注目してくれる方の「期待」に応えることができ、「おめでとう」と言っていただいた方が嬉しそうだから私が幸せな気持ちになれる。

 自分の行為で相手を楽しい気持ちにすることができて、私が幸せになれる。

 だから、私を幸せにしてくれたことに対して感謝を込めて「ありがとう」と応える。

 「ありがとう」と言うほど幸せになれる。

 昨日だけで、何度も「ありがとう」を言うことができた。

 

 私は、幸せ者だ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket