イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

31 10月

 2010年10月30日。イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(ズービン・メー指揮)のコンサートを友人のUさんにチケットをとって頂いて聴いて来た。

 曲目は、ストラヴィンスキー:バレエ音楽 「春の祭典」とマーラー:交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」。

 

 今まで「春の祭典」は、音が飛んで理解できない曲であまり期待していなかったが、今回生で聞いて、とても楽しくわくわくした。

 CDで聴くのと生で聴くのはまるで違うものだ、と改めて思った。

 

 大阪には水準の高い楽団が複数有り、そのコンサートが3000円払えば聴けるので、時間を作って聴きに行きたい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket