睡眠以外働くことによって得たこと

30 10月

 昼夜働いて良かったことが2点ある。

 だからといって、昼夜働くことを他の人にそれを薦めるわけではない。

 

1:原点を思い出した。

 一日中頭を使わない単純労働。

 そして、かえって寝るだけ。起きたら仕事。

 そんな生活を繰り返していると、公認会計士試験の勉強を始めるきっかけの一つである「ここから抜け出したい」という気持ちを思い出した。

 将来に明るい展望を見出せずにすごす日々の苦しさ。

 それに比べたら、公認会計士試験の勉強なんてなんでもない。

 

2:生活習慣のリセット。

 「どうでもいい習慣」をつけてしまい、その習慣を維持できるような仕事を探してしまう。

 そんな「どうでもいい習慣」よりも寝ることを優先するので、「どうでもいい習慣」を捨てることができた。

 だから今ならどんな仕事も、どんなことにも対応できる。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket