2010年3月23日 日経新聞電子版始動

25 2月

 日本経済新聞 電子版が、2010年3月23日から始動すると発表された。

 朝・夕刊は勿論として、系列他紙の情報を提供するなどサービスは充実している。

 しかし、私がもっとも懸念していた料金であるが、4000円(月)と高く設定されている。

 その理由として、「紙の新聞の部数に影響を与えないことを前提に考えた」とのことだ。

 

 電子版が普及しても、販売店の数を減らせるわけではなく、販売店のコストは埋没原価(意思決定に関係なく、やってもやらなくても発生するコスト)である。

 むしろ紙の新聞の発行部数が著しく低下すれば、販売店への支援で追加的な費用が発生し、利益を圧迫する恐れがある。

 こうした点から、紙の新聞の部数に影響を与えない料金設定にしたのは妥当な判断といえる。

 

 残念であるが、日本経済新聞 電子版の購読はあきらめざるを得ない。

 私が許容できる金額は、2000円までだったからだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket