監査 - 倫理規則の抜粋

14 8月

前文

 監査及び会計に関する職業的専門家として、公共の利益に資するため、その専門能力に基づき誠実かつ公正に業務を行い社会の健全な発展に寄与することを使命とする。

 自己責任の原則 ← 開示制度の充実と信頼の確保が必要。

 

 公認会計士の行動基準

  1:品質の確保

  2:社会に対する責任を認識し~~~、職業倫理に則り行動

 

基本原則

 誠実性

 公平性

  客観性の保持を求めるもの

 専門能力

 正当な注意

 守秘義務

 職業的専門家としての行動

 

報酬

報酬の水準

 正当な根拠に基づかない、低廉な報酬の提示及び請求の禁止。

 

成功報酬

 成功報酬による保証業務の受嘱の禁止。

  公平性の原則に対する脅威が生じるため。

 

贈答・接待の禁止

 公平性の原則に対する脅威が生じるため。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket